レッツマガジン Let's Magazine

転職準備

2021.02.09

在宅勤務OKのお仕事探しの注意点☆関西の場合☆

先週のメールマガジンでも少し触れましたが、新型コロナ対策の一環で、企業の規模に関わらず在宅勤務(リモートワーク)が一般化してきました。レッツアイでお預かりしている求人情報についても在宅勤務OKなお仕事が増えてきたので、今回は関西でのリモートワーク事情をまとめてみました。
 

在宅勤務の種類

在宅勤務の導入については、大きく2つあります。ひとつはフルタイム(週5日間)すべて在宅勤務のAタイプ、もうひとつは出勤と併用して週2〜3日程度は在宅勤務のBタイプです。もしくは就業スタート時の一定期間は出社して仕事の流れを学び、慣れてきたら在宅勤務に切り替える形といったタイプもあります。
 
弊社から活躍している派遣スタッフさんは、ほとんどがBタイプ。Aタイプの方もゼロではないのですが、派遣先企業側の環境が整っており、業務内容がすべてオンラインで完結できる=Web系職種に限られています。
 

在宅勤務が難しい職種

現状レッツアイでお預かりしているグラフィック系の求人情報は、すべて出勤と併用のBタイプになります。どうしても紙媒体の制作に関しては色校正や出力作業が入るため、在宅で対応できる業務は限られます。また紙/Webいずれにしてもディレクター職は、クライアントに左右されることもあり出社が必要なタイミングが多くなります。制作職がフルリモートの企業でも、ディレクター職は出勤と併用するパターンがほとんどです。
 

今後の動向

スピード感のある関東圏の企業では「これを機にずっと在宅勤務も取り入れていく」企業もあり、それに呼応する形で関西も合わせる場合がありますが、関西圏においては緊急事態宣言が解除されたら出社が基本となる企業がほとんど。今のところ、関西で完全フルリモート(これからもずっと)は100社あって1社あるかぐらいの割合になるでしょう。
 
そのため関西特化の弊社の求人情報については、在宅OKと記載がある場合も長期や直接雇用のお仕事の場合、いつも通り、必ず通勤できる範囲の勤務地であるか確認をお願いします。居住地フリーでご紹介できるお仕事に関しては、求人情報内でもしっかりアピールしますので、ぜひチェックしてくださいね。
 

この記事を書いた⼈

レッツマガジン編集部

株式会社レッツアイ

関⻄クリエイター専⾨の転職&派遣エージェント・レッツアイが運営する
「レッツマガジン」の編集部。

経歴・受賞歴

2009年設立
登録タレント約3000人(2020年2月現在)のクリエイターに特化した転職支援&
人材派遣を行うエージェント「レッツアイ」を運営。

この記事と同じカテゴリの最新記事

先頭に戻る
大阪OSAKA
〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8
堂島ビルヂング6階
TEL : 06-6315-5225

無料転職相談

お問い合わせ

クリエイティブに特化した
エージェントが
最適な求人をご紹介

3分で完了 無料登録 3分で完了 無料登録

「最良のマッチング」を実現する
大阪・関西エリアに強い

クリエイター専門の転職エージェントです

レッツアイは大阪・京都・神戸を中心とした関西エリアのクリエイターの転職をサポートする人材紹介/人材派遣エージェントです。
レッツアイのコンサルタントは、Web・広告業界のクリエイティブワークに精通したメンバーで構成し、求職者と求人企業の双方の窓口を担当いたします。
綿密なヒアリングとホスピタリティ・マインドをベースに、企業へのインタビューから求職者へのカウンセリング、マッチング、就業決定までワンストップで対応。双方を深く理解しているからこそできる、求職者と企業の「最良のマッチング」が強みです。

プロフェッショナルによる精密な運用 WEB MARKETINGSERVICE 急な要望にも対応するホスピタリティ 利益最大化のためのあらゆるサポート